ふたつのナショナリズム―ユダヤ系フランス人の「近代」 有田英也

Category : 社会科学


ふたつのナショナリズム―ユダヤ系フランス人の「近代」 
有田英也
みすず書房
2000年

帯つき。天にシミあり。そのほかは状態良好です。



現在、イスラエル、アメリカ合衆国、ロシアに次ぎ、60万に及ぶ人口を擁するフランスのユダヤ人。彼らは、フランス固有の多文化性と錯綜を極める近現代史の中で、苦渋に満ちた軌跡を刻んできた。

本書では、フランス革命からドレフュス事件、そして1905年の政教分離に至るまでの1世紀ほどの間に生じた、ユダヤ民族の価値観の自覚的な変容を緻密に追い、鋭利な考察を加えていく。

現在次々に明らかにされつつある最新の研究成果を踏まえ、著者はナショナリズム、国民教育、宗教、反ユダヤ主義等々の問題群に、新鮮な光を当てていく。そこから浮かび上がるのは、国民国家における異民族のアイデンティティの在りか、国家とエスニシティーの狭間で不可避に生じる困難な課題である。

新進気鋭の注目の書き手が10年にわたる思索を経て完成した、力感溢れる長篇論考の誕生だ。

販売価格

2,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM