英仏普遍言語計画 デカルト、ライプニッツにはじまる

Category : 日本語学・言語学


英仏普遍言語計画 デカルト、ライプニッツにはじまる
ジェイムズ・ノウルソン
浜口稔訳
工作舎
1993年

帯つき。帯にイタミ・ヤケあり。
カバーにヤケ・ヨゴレあり。
ページまわりにヤケ・シミあり。
全体に中古感ありますが、書き込みなく通読に問題ありません。


17世紀のヨーロッパは天災や流行病、30年戦争などで大混乱の渦中にある一方、従来の世界認識を決定的にくつがえす科学革命も進行していた。統合と秩序への機運が切実な盛り上がりを見せるなか、デカルトやライプニッツをはじめとした当時の知識人たちは,曖昧性のない厳密な知識の獲得と交換を可能にし、さらには人知の改善と増進を実現するような言語の改革運動を繰り広げる。彼らの夢見た普遍言語とは、まさに全宇宙を合理的に総括する百科学体系だった…。本書は17・18世紀にヨーロッパを席捲した普遍言語運動をていねいに跡付け、その知的変遷史を浮き彫りにした展望の書である。

販売価格

2,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM