イマジナリーな領域―中絶、ポルノグラフィ、セクシュアル・ハラスメント ドゥルシラ・コーネル

Category : 哲学


イマジナリーな領域―中絶、ポルノグラフィ、セクシュアル・ハラスメント 
ドゥルシラ・コーネル
仲正昌樹監訳 
御茶の水書房
2006年1刷

帯つき。帯・カバーにヤケあり。カバー上部にヨレあり。
中古感ありますが良好です。



現代の法・政治思想では各人のアイデンティティの在り方を含めた「自己決定権」の重要性が声高に主張されているが、「“私”自身は一体何を求めているのか、何者になりたいか」を完全に分かっている人間はいない。文化的・技術的な複雑さがますます増大していく現代社会において、自らの置かれている状況を把握したうえで「自己」決定するという当たり前のことが困難になっている。ポストモダン系フェミニズム法哲学の旗手コーネルが、「中絶」「ポルノグラフィ」「セクシュアル・ハラスメント」の三大テーマに焦点を当てながら、「イマジナリーな領域への権利」保護という視点から、ポスト・リベラルな正義論の可能性を模索する。

販売価格

2,200円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM