きみの出番だ、同志モーゼル 詩人マヤコフスキー変死の謎

Category : , 外国語の詩・詩論


きみの出番だ、同志モーゼル 詩人マヤコフスキー変死の謎
ワレンチン・スコリャーチン
小笠原豊樹 訳
2000年1刷

帯つき。カバー端にイタミあり。カバー背にヤケあり。地にシミあり。中古感ありますが良好です。


二十世紀最大のロシア詩人ヴラジーミル・マヤコフスキーは、拳銃自殺で生涯を終えたとされる。だがそれは、本当に自殺だったのか?今までタブーとされてきたこの問いに、一人のジャーナリストが真相を究明するべく立ち上った。調査を進めるにつれて、見せかけの「自殺」筋書きが見え隠れする―。誰が、何のために遺体を動かしたのか?頬の傷は何を意味するのか?証拠の拳銃を持ち去ったのは誰なのか?驚くべき新事実の数々に大胆な推理を加え、残酷な真実に迫る。圧倒的なスリルとサスペンスで文学史上最大の謎を追った本格ノンフィクション。


販売価格

1,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM