小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き 庄野潤三 編 

Category : 文学 , 日本語の文学・文学論


小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き 大人の本棚 
庄野潤三 編
みすず書房
2002年2刷


カバー・本ともに状態良いです。


「小説もいいし、随筆もいいという作家はそんなにいない。
先ず浮ぶのは井伏鱒二。
その次に、学生のころから井伏さんが好きで師事していた小沼丹がいる」。

「何がそれほど惹きつけるのか。
何が親しみと共感のうちにやがて深い喜びと安らぎをもたらすのだろう。
誠実味だろうか。腕白とユーモアだろうか。決して愚痴をこぼさない男らしさだろうか。
詩的感受性の細やかさだろうか。
東西の文学、芸術から吸収して当人の気質に融け込ませてしまった教養の力だろうか。
悠々としているところだろうか。
つまるところは才能というほかないのである」。(庄野潤三)

庭の大木と小鳥たち、木洩れ陽あふれる散歩道、多くの友。おだやかでユーモアにじむ筆致のなかに浮かび上がる、遠い風景と澄明な時。
 

販売価格

1,200円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM