ちいさな理想 鶴見俊輔

Category : 文学 , 日本語の文学・文学論


ちいさな理想
鶴見俊輔
編集グループSURE
2011年2刷

カバー・本ともに状態良いです。


本をとじるときにパタンと音がする。その音がとても好きだったというはなしを松居直さんからきいた。こどものときに、本を読んでもらって、パタンと音がして終わる。自分で読めるようになってからも、パタンと音をさせて終わる。何かひとつの仕事をなしとげた充実感があった。

著者が70歳から80歳代にかけて書きついできたものを中心に、ほかでは読めない85本の論考を選りすぐりました。
この「21世紀」という時代を、過ぎてきた「20世紀」と合わせて見わたし、それを正面から論じたもの。
悩みや抵抗を体のなかに抱えつづけて、そこに実ってくる思想の力に目をむけたもの。
ひとりきりの読書のひそかな愉しみ、時とともに熟れてくる、その味わい……。
今年、満88歳の米寿をお迎えになる鶴見さんの思索は、さらにみずみずしく、新しい冒険へと乗りだしていきます。
時代の行方は、これからいっそう先の見えない暗がりにむかって進むかもわからない。けれども、そうした薄明のなかにあってこそ、ぽつん、ぽつんと、彼方にともる希望の火種を見つけだすこともできるのではないかと、鶴見さんはおっしゃいます。
ちいさな理想──。つましくも持続するともしびが、これからの時代に、私たちの足もとを照らしていくことを望みつつ、この一冊を送りだします。

販売価格

1,400円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM