日本の百年9 廃墟の中から 1945-1952 鶴見俊輔

Category : アナキズム・社会運動・社会問題・戦争・公害


日本の百年9 廃墟の中から 1945-1952 
鶴見俊輔 編著
ちくま学芸文庫
2008年1刷


ページまわりにすこしヨゴレあり。カバー・本ともに状態良いです。



開国以来、日本の歩んできた100年、そこに生きた人々、当時の雰囲気、世相風俗を浮き彫りにした、臨場感あふれる迫真のドキュメント。公式記録や史料、体験談、新聞、雑誌、回想録、流行歌にいたるまで多方面から取材し、時代の種々相を写し出した記録現代史全10巻。復刊を待望された名著の文庫化。第9巻は、敗戦直後の想像を絶する経済的窮乏と精神的貧困の時代。同時にまた、日本歴史始まって以来、最も可能性に満ちた時代でもあった。見わたせば一面焼野原、降り注ぐ陽光、そして解放感。引揚者、もと特攻隊、ヤミ屋、戦災孤児、多様な民衆が廃墟の中でさまざまな未来像を描いて必死に生きる。


【目次】
無風地帯の記録
第1部 未来像の創造(マッカーサーが来た
死をとおして国家の復活を
人民管理
日本の予言者たち
よみがえる共同体
新しい憲法が生まれた)
第2部 占領されるということ(占領軍の肖像
実力者のすげかえ)
第3部 世界の流入(やみ市をとおって
引揚者のもってきた世界)

販売価格

1,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM