語り継ぐトランスジェンダー史 性同一性障害の現在・過去・未来 虎井まさ衛

Category : 性・フェミニズム


語り継ぐトランスジェンダー史 性同一性障害の現在・過去・未来
虎井まさ衛
十月舎
2003年1刷


本文にヤケあり。中古感ありますが良好です。


性同一性障害者の戸籍性別変更の立法化が進む中、性転換公表の先駆者として知られる編著者が歩みと展望を語る。脚本家小山内美江子の寄稿文、競艇選手安藤大将との対談も収録。『FTM日本』の執筆記事をまとめる。

虎井/まさ衛
1963(昭和38)年、東京生まれ。法政大学文学部卒業。2、3歳の頃より性同一性障害(GID)に悩み、大学卒業と同時に渡米し、女性から男性へ(FTM)の性別適合(性転換)手術を受ける。現在、著述業の傍ら、GIDの当事者・研究者・支援者に向けたミニコミ誌「FTM日本」、アジアの当事者の連帯を意図した英文ニュースレター「ASIAN TS CLUB」主宰。“人間と性”教育研究協議会(性教協)会員。FTMインターナショナル(本部:アメリカ)メンバー。1987年より顔を出さずにメディアで啓発活動を開始、1999年からは素顔で活動を始め、TS(性転換)公表のパイオニア的存在として、『クローズアップ現代』(NHK)、『ニュースステーション』(テレビ朝日系)、『ニュースの森』(TBSテレビ系)等、テレビ番組に多数出演。また『3年B組金八先生』第6シリーズ(TBSテレビ系/2001年10月~2002年3月放送)では、GIDを抱える生徒(鶴本直/役:上戸彩さん)のモデルとなった。現在は、GID者の戸籍上の性格訂正の実現に向けて精力的に活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

販売価格

600円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM