草 日本軍「慰安婦」のリビング・ヒストリー キム・ジェンドリ・グムスク 

Category : 在日朝鮮人・韓国・北朝鮮・中国・台湾・アジア


☆この本の送料は520円です☆

草 日本軍「慰安婦」のリビング・ヒストリー 
キム・ジェンドリ・グムスク
都築寿美枝・李叉(訳)
笠原十九司(翻訳監修)
原正人・吉見義明・梁澄子(解説)
ころから
2020年2月初版

帯付き。カバー・本ともに良好です。書き込み見当たりません。


韓国出身のグラフィックノベル作家、キム・ジェンドリ・グムスクが2017年に発表した作品を完訳。
日本軍「慰安婦」イ・オクソンのリビング・ヒストリーをベースにした480ページに及ぶ大作は、グラフィックノベルの傑作と称され、ニューヨークタイムズが「ベストコミック2019」に選定するなど欧米でも高く評価されている。
戦時性暴力、植民地支配下での女性の痛みを描いた本作の理解を深めるために、バンド・デシネ翻訳家、歴史学者らの解説を収録。

「私はトミ子じゃない。私の名前は李玉善だ!」植民地下、名前と尊厳を奪われた日本軍「慰安婦」のリビング・ヒストリーを圧倒的な画力で描く。より深く理解するための解説(原正人、梁澄子、吉見義明)を日本語版限定で収録。


著者プロフィール
キム・ジェンドリ・グムスク (キム ジェンドリ グムスク) (作)
1971年、韓国・高興生まれ。グラフィック・ノベル作家。韓国(世宗大学絵画科)とフランス(ストラスブール国立装飾美術学校)で絵画を学び、取材をもとにした作品を多数発表。2017年刊行の『草』は、フランス語、英語、イタリア語などに翻訳され、ニューヨークタイムズで「ベスト・コミック2019」に選ばれるなど高く評価されている。おもな作品に『チスル』、『ジュニ兄さん』、最新作『裸木』(いずれも未訳)など。

都築 寿美枝 (ツヅキ スミエ) (訳)
「関釜裁判を支える福山連絡会」代表。2018年韓国・聖公会大学NGO大学院卒業。2015年『終わらない冬』(日本機関紙出版センター)を共訳。

販売価格

2,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM