「ほな、たたかいまひょか」 西岡務ものがたり 

Category : 障害・介護・病・福祉


「ほな、たたかいまひょか」 西岡務ものがたり 
「ほな、たたかいまひょか」編集委員会
〈委員長〉 楠 敏雄
〈委 員〉 石橋 宏昭/大田 立子/河野 秀忠/久保 悟/小林 敏昭/牧口 一二/三上 洋
障害者問題資料センター りぼん社
2008年初版

カバーに少イタミあり。状態良好です。


障害からの解放ではなく、障害者差別からの解放というのを我々は望んでいる
(本書より引用)

2006年1月29日、51才の若さで急逝した西岡務。
障害者解放運動の活動家として、自治体で働く障害者として、地域で「共に」生きるための施策を企画・推進する行政マンとして、彼が私たちに遺したものは大きい。西岡務が語り(講演録、原稿、取材記事)、西岡務を語る(インタビュー、座談会、寄稿)という二本立ての構成で、友人として同僚として闘う仲間として、そして夫として父として、多面的に、しかしぞれぞれの場面で精一杯に生きた西岡務の実像に迫る。
人権小国、格差大国のこの国の状況に一石を投じるべく、彼の遺族と友人たちが共働し、1年半をかけて執筆・編集に当たった。


【目次】

  伝説の門をゆらりゆらりとくぐって、
    ボクたちの記憶の世界に逝った西岡務を誇る 河野 秀忠

1章 にんげん、西岡務

  「障害」者解放・人間解放 西岡 務
  (↑ここをクリックすると本文の一部をご覧いただけます)

  西岡務を語る  息子、久保悟さんの巻
            姉の西岡美恵さん、姪の由記さんの巻
            つれあい、大田立子さんの巻

2章 障害者解放運動

  座談会 西岡務と障害者解放運動
           ― 楠 敏雄・三上 洋・戸田 二郎・石橋 宏昭

3章 自治体で働く障害者として

  とりたてて構えることなく―「障害」者の立場から 西岡 務

  西岡務、三四歳の誕生日に大いに語る

4章 行政マンとして

  自治体における障害者施策
    ―分権の時代におげる自治体版障害者計画のもつ意味と課題
                                     西岡 務

  西岡務氏に捧げるレクイエム―行政マンとしての仕事・業績
                                     大谷 悟

5章 西岡務という生き方

  障害者、西岡務氏の生き様を振り返る 楠 敏雄

  その多面性を希望の種子として―あとがきにかえて 小林 敏昭

 

西岡務、最期の1ヵ月 大田立子のメモより

 

お父さん 久保 未帆
高倉健はどこ行った? 姜 安彦
西岡務さんのこと 杉本 章
西岡と車と私 山川 一夫
障労連結成のころ 春田 文夫
西岡さん、ありがとう 小山 良一
あれもこれももっと一緒にやりたかった 石橋 宏昭

販売価格

1,500円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM