みっちんの声 石牟礼道子・池澤夏樹 ☆新本

Category : 石牟礼道子


☆この本は新本です☆

みっちんの声 
石牟礼道子・池澤夏樹
河出書房新社
2021年初版


作家同士の親密な語り合いの中から池澤は、石牟礼の創作秘話、その希有な作品群の真髄を浮かび上がらせる−。石牟礼道子が亡くなる3か月前までの10年近い交友の軌跡がいきいきと甦る対話集。



池澤 石牟礼さんは、いわゆる普通の人がここに実際にあって見えているとお互いに思っているもののほかのものが、いつも見えていたんですか。
石牟礼 いつも見えていますね。
池澤 それが若いときはおつらいことでしたか。
石牟礼 いいえ。自由に見えなきゃあ、生きていられない。
(本書より引用)

あまりにも膨大すぎて、苦海のなかに漂っているのは私。そして海そのものでもあるんです。そういう気分ですね。
(石牟礼道子、本書より引用)

販売価格

2,200円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM