誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ イ・ギホ 斎藤真理子 訳 

Category : 文学 , 日本語訳と外国語の文学・文学論


誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ 
イ・ギホ 
斎藤真理子 訳
亜紀書房
2020年初版1刷

帯付き。カバー・本ともに状態良いです。書き込み見当たりません。


君、本や小説で倫理を身につけられると思うかい?
本によって、小説によって、羞恥をともにするなんてことができると思うかい?
僕の見たとこ、そんなのは不可能だ。
不可能だと気づくこと。それが、僕らが小説や本を通して学べる唯一の真実だよな。
それを言いたくてここまで書いてきたんだ。
真実が目の前まで来たときに、君はどれだけ見えすいていない行動ができるか?
僕は、まだまだだな。
(本書より引用)



必死で 情けなくて まぬけな 愛すべき「私たち」

ネット古書店でエゴサをしていたら、サイン入り自作が売りに出されていることに気づいた作家「イ・ギホ」。しかも他の作家の本より格安、酷評のコメント付き
だった。
悶々として眠れぬ作家は、出品者に直接会おうとはるばるでかけるのだが……。(「チェ・ミジンはどこへ」)


夫殺害の嫌疑をかけられながら逮捕されなかった女が、十数年後、時効を3か月後に控えて自首した。一体なぜなのか。(「ずっと前に、キム・スッキは」)



「あるべき正しい姿」と「現実の自分」のはざまで揺れながら生きる「ふつうの人々」を、ユーモアと限りない愛情とともに描き出す。
  ——韓国文学の旗手による傑作短編集




【もくじ】
チェ・ミジンはどこへ
ナ・ジョンマン氏のちょっぴり下に曲がったブーム
クォン・スンチャンと善良な人々
私を嫌悪することになるパク・チャンスへ
ずっと前にキム・スッキは
誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ
ハン・ジョンヒと僕
あとがき

訳者解説

販売価格

1,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM