帝国支配の最前線 植民地 地域のなかの軍隊7 坂本悠一 編

Category : アナキズム・社会運動・社会問題・戦争・公害


帝国支配の最前線 植民地 地域のなかの軍隊7 
坂本悠一 編
吉川弘文館
2015年1刷

帯つき。カバー・本ともに状態良いです。


明治初年以降、絶え間ない対外戦争で植民地を獲得してきた帝国日本。台湾・南樺太・満洲・朝鮮・南洋群島の旧植民地に、軍隊はいかに関わったのか? 植民地支配の前衛を担った現地軍隊の動向を、地域ごとに追究する。

【目次】
帝国の植民地支配がもたらしたもの プロローグ…坂本悠一/ 概論(植民地支配の最前線としての帝国軍隊…坂本悠一)/ 台湾(台湾における植民地軍隊と植民地戦争…近藤正己/コラム1 霧社事件…都留俊太郎/コラム2 台湾空襲…都留俊太郎)/ 南樺太(サハリン住民と日本・ソ連の軍政…竹野 学/コラム3 真岡郵便局事件―「九人の乙女」の集団自決…竹野 学)/検)洲(独立守備隊と満鉄附属地―関東軍の基幹部隊…加藤聖文/関東軍と満洲国―政治権力を握った軍隊…加藤聖文/コラム4 モンゴルと興安軍、コラム5 満鉄と鉄路愛護運動、コラム6 国共内戦と日本軍兵士たち…加藤聖文)/后…鮮(韓国駐箚軍の形成から朝鮮軍へ―常設師団の誕生…徐 民教/コラム7 韓国駐箚軍と義兵闘争…朴 廷鎬/朝鮮に常設された第一九師団と第二〇師団…庵逧由香/コラム8 朝鮮北部に残る日本軍の施設…庵逧由香/朝鮮海峡への要塞・軍港建設と国際関係…金 慶南、柳 教烈/「本土決戦」体制と朝鮮半島南部・済州島…塚崎昌之)/ 南洋群島(南洋群島の日本の軍隊…今泉裕美子/コラム9 サイパン島・テニアン島の「玉砕」…今泉裕美子)/試製基地要図第一(千島樺太地方)/戦争関連施設・遺跡

販売価格

1,800円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM