木橋 永山則夫

Category : 文学 , 日本語の文学・文学論


木橋 
永山則夫
河出文庫
1997年5刷

カバーにヤケ・ヨゴレあり。本文にヤケあり。中古感ありますが書き込み見当たらず通読に問題ありません。



津軽の13歳は悲しい―うつりゆく東北の四季の中に、幼い生の苦しみをみずみずしく刻む名作「木橋」、横浜港での沖仲仕としての日々を回想した「土堤」、および「なぜか、アバシリ」を収録。作家・永山の誕生を告げる第1作品集

販売価格

500円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM