女たちのニューヨーク エリザベス・ギルバート

Category : 文学 , 日本語訳と外国語の文学・文学論


女たちのニューヨーク 
エリザベス・ギルバート
那波かおり 訳
早川書房
2021年初版

帯つき。カバー・本ともに状態良いです。書き込み見当たりません。


『食べて、祈って、恋をして』の著者が贈る
「ありのままの私」を生きる女性たちの物語
英語圏で100万部突破!

わたしは歩く。
迷っても、失敗しても、自分の道を歩きつづける。

1940年、NY。ショービジネスの世界に
飛びこんだ19歳の女性。
彼女の選択が街を騒がせる――

◉あらすじ
1940年、NY。19歳のヴィヴィアンは、
グランドセントラル駅に降り立った。
名門女子大を追い出され、叔母が営む劇場で暮らすためだ。

ペグ叔母さんの下で、ヴィヴィアンは舞台衣装を仕立てるようになる。
仕事が終わればショーガールのシーリアと遊びたおした。
劇場はぼろいが、居心地がよかった。
やがて、戦争で家を焼かれた英国の大女優と、
ハリウッドの悪魔的才能の脚本家が加わると、
彼らのショーは街じゅうの注目を集める。

ところが、人々の関心は一変する。
ヴィヴィアンの過ちが、街を騒がせるスキャンダルになったのだ。
恋人も友だちも居場所も失い、初めて自分自身に向き合った彼女は――

販売価格

1,200円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM