小松川叙景 小林坩堝 ☆新本

Category : , 日本語の詩・詩論


☆この本は新本です☆

小松川叙景 
小林坩堝
共和国
2021年
初版1刷

手遅れであることを希望として
その身ひとつで
ただ踊れ
――わたくしからわれわれを回復する為めに
(本書より引用)

詩集『でらしね』(思潮社、2013)で鮮烈にデビューした詩人の最新作品集。2020年〜21年に『アナキズム』紙などに連作として掲載され、大きな反響を呼んだ表題作に、書き下ろし詩篇および著者撮影の写真を加えて、待望の単行本化。見慣れた町のひずみを切り裂き、言語によって一変させる黒の詩群。


目次
HOMEBODY
五月
六月
七月
八月
九月
 
NOWHERE
十月
十一月
十二月
一月
二月
 
NOWHERE
三月
四月


前書きなど
川向うからこちらへ電車の走って来る音が聴こえる。微振動する窓の外で朝がはじまってゆくとき、わたしはまだ暗い部屋に座して、川原で拾った石を並べている。ひとつひとつに名前をつけ、接続しえない無数の人生を想う。この部屋は磁場が狂っている。この部屋は時空が混濁している。きちがいのわたしは石を叩き割り、断面から血の流れだすことを期待する。重化学工業地帯の労働者たちが視なかったほうの夢がわたしの錯乱した今日だ。夢を叩き割ることは出来ない。ただ錆びだらけの時間のなかで、わたしはコンクリートで固められた地上を撫ぜている。故知れぬ、否、故を無視したが故の笑いがわたしの断面から溢れ出てやまない。
―「NOWHERE」より

版元から一言
小社では初の現代詩人の作品集であるとともに、武田麟太郎『蔓延する東京』、森元斎『国道3号線』の延長にあるような、都市/地域をディグしつつ普遍性の獲得を試みる、果敢な同時代表現です。
◎初版のみ、本表紙特殊造本+小口三方朱染めの特装仕様。

著者プロフィール
小林 坩堝 (コバヤシ カンカ) (著)
1990年生まれ。詩作者。詩集『でらしね』(思潮社、2013)のほか、小詩集に『風船』(企画カニエ・ナハ、2015)、『エンド・ロール』(archaeopteryx、2017)がある。

販売価格

2,640円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM