胎児性水俣病患者たちはどう生きていくか 野澤淳史

Category : 水俣 , 水俣いろいろ


胎児性水俣病患者たちはどう生きていくか 〈被害と障害〉〈補償と福祉〉の間を問う
野澤淳史
世織書房
2020年

帯つき。カバー・本ともに状態良いです。書き込み見当たりません。


しごとをわたしは、したいとおもうけど、わたしにあうしごとは、ない。かいしゃにようきゅうしたが、かいしゃは、わたしたちの、ことをなにもかんがえてない。なぜか、かんがえてみろ。とうきょうにかえってからもういっぺんかんがえなおしてみろ。いしはらは、いばっとる。じぶんがあいたいというのなら、それなりのてつづきをふめ。
(本書より引用)


 自分で暮らしたい
仕事ばよこせ!
人間として生きる道ばつくれ ! !

胎児性水俣病患者の魂の叫びに向き合った
新しい環境社会学の誕生

 本書は、「加害と被害」「認定と補償」という視座からは見過されてきた、胎児性水俣病患者が全身で要求してきたことに光を当てる。それは、補償金や福祉の制度や施設の拡充などではなく、生きがいと生の歓びを求めて「どう生きていくか」という当たり前で根本的な生き方の問題であり、それがまっとうに認められることだった。私たちも、水俣病患者や障害者と課題を共有して肩を並べて歩みながら、日常の優生思想を我が身から引き剝がしていこう、という呼びかけの書である。——立教大学名誉教授 栗原 彬

目 次

第1章
水俣病問題の概要

第2章
被害の周辺からの思考

第3章
胎児性患者たちの自立と支援の変遷

第4章
水俣病被害補償にみる福祉の系譜

第5章
補償か、それとも福祉か

第6章
先天性(胎児性)という問い

資料
水俣病年表

販売価格

1,800円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM