魂の秘境から 石牟礼道子

Category : 石牟礼道子


魂の秘境から 
石牟礼道子
芥川仁 写真
朝日新聞社
2018年1刷

帯付き。カバー・本ともに状態良いです。書き込み見当たりません。


「道子。よう見てみれ。ビナどん(巻き貝類)が数え切れんしこおるじゃろが。逃げ足の速さ、速さ。人間にゃ聞こえんばってん、おめき合うて逃げよるぞ。追っかけて、取ろうぞ。大昔は、人間たちよりも、ここらあたりの海辺の方が賑わいじゃったろうぞ。さあ、追っかけようぞ」
(本書より引用)


たぶん石牟礼道子は初めから異界にいた。
そこから「近代」によって異域に押しだされた
水俣病の患者たちとの連帯が生まれたのだろう。――池澤夏樹


名作『苦海浄土』で水俣病を告発し世界文学に昇華した著者が、
ホームで闘病しながら語った、水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景。
朝日新聞に3年にわたり連載されたエッセイを収録した最晩年の肉声。
写真家・芥川仁氏による写真多数収録。

「海が汚染されるということは、環境問題にとどまるものではない。それは太古からの命が連なるところ、数限りない生類と同化したご先祖さまの魂のよりどころが破壊されるということであり、わたしたちの魂が還りゆくところを失うということである。

水俣病の患者さんたちはそのことを身をもって、言葉を尽くして訴えた。だが、「言葉と文字とは、生命を売買する契約のためにある」と言わんばかりの近代企業とは、絶望的にすれ違ったのである。(本文「原初の渚」より)」


【目次】
少年
会社運動会
湯船温泉
避病院
石の物語
アコウの蟹の子
水におぼれた記憶
紅太郎人形
雲の上の蛙
海底の道
お手玉唄
大雨乞と沖の宮
魂の遠ざれき
何かいる
熊本地震
ぼんぼんしゃらどの
花結び
原初の歌
あの世からのまなざし
女の手仕事
わが家にビートルズ
天の田植え
椿の蜜
石の神様
流浪の唄声
黒糖への信仰
原初の渚
なごりが原
食べごしらえ
明け方の夢

販売価格

1,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM