戦後日本の売春問題 神崎清

Category : 性・フェミニズム・家族


戦後日本の売春問題 
神崎清
社会書房
1954年2版
326頁

カバー付き。強いヤケあり。古い本ですが、通読は問題ありません。書き込み見当たりません。


アメリカの占領政策は、婦人解放のプログラムの一つとして、日本の古い公娼制度を廃止した。しかし、売春婦と売春制度は、これをのこしたのである。むしろぎゃくに、アメリカの将兵こそ、国際的な需要者であり、情熱的な利用者であった。彼らの露骨な性行動は、いちじるしく日本の社会の風紀をみだし、青少年をスポイルした。キャンプ周辺の集団売春は、あたらしい遊郭の出現にほかならない。
(本書「まえがき」より)

販売価格

5,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM