幻視する近代空間―迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶

Category : 民族学・民俗学・芸能


幻視する近代空間―迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶
川村邦光 
青弓社
1997年新装版1刷

カバーにヤケとヨゴレあり。
カバーの中古感強いですが本の状態は良いです。


霊魂は国家によって近代日本の巷に引きずり出され、国家と民衆のあいだで引き裂かれた。他界の霊魂の危機はまた、現世での生者の危機でもあった。(本書より引用)

近代化との相克のなかであぶり出された「血税一揆」「トラホーム」「狐憑き」「座敷牢」など、さまざまな「事件」に投影された民衆の心性・コスモロジーの変容と、国家による「死の共同体」へと統合されていく過程を透視する転換期の精神史。

販売価格

1,400円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM