話の坑口 上野英信集1

Category : 森崎和江・上野英信・渡辺京二・谷川雁・松下竜一・炭鉱・九州


話の坑口−上野英信集1
径書房 
1985年
月報付き

カバーにヤケあり。カバー裏に強いシミあり。天にシミあり。
全体に中古感ありますが、通読に問題ありません。


「鉱長さま、もし!心配なさらんで…よろしゅうございます。鉱長さまが…わたくしたちのために水をだされて…会社をクビになりましたら…わたくしたちが…養うてあげます。食うものを食わんとでも…鉱長さまには…ジッパに食わせてあげます。どうぞなんにも心配なさらんで…安心してください。わたくしは…芦屋の飛行場さ行って…パンパンしてでも…ジッパに鉱長さまを…養うてあげます。鉱長さま、絶対にわたくしは…うそは申しませんです。わたくしの言うことを…信用してくださいませ…」〈本書より引用〉

目次
せんぷりせんじが笑った!‥‥‥‥‥‥‥ 9
はじめての発言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
みんなで書いたラクガキ‥‥‥‥‥‥‥‥37
親と子の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
ひとくわぼり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
あひるのうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
黒い朝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
ぼた山と陥落と雷魚と‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
伝八がバケモノを見た話‥‥‥‥‥‥‥ 253
大回転‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
*あとがき 私と炭鉱との出会い‥‥‥ 289
*解説/闇に燃える命の火の文学(川原一之)‥‥ 300
*初出一覧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312

販売価格

2,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

カライモブックスとは

カライモブックス

実店舗ホームページ

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM