中くらいの友だち 韓くに手帖 vol.6 ☆新本

Category : 在日朝鮮人・韓国・北朝鮮・中国・台湾・アジア


☆こちらは新本です☆

最高でも最低でもない、韓国との“中くらい”の友情のかたちを探る雑誌の第6号。
執筆陣は在韓日本人、在日韓国人、長年韓国とかかわってきたメンバー。詩、エッセイ、翻訳、街歩き、韓国伝統食や韓国ロックなど、ユニークな視点で韓国にアプローチします。
今号もパワフルに自転車で走る韓国考古学の旅や韓国での暮らしをめぐる座談会、間島紀行 第二回など、注目の特集が盛りだくさんです。
--
著者・編者 『中くらいの友だち』編集部(韓くに手帖舎)
発売日 2019年12月17日
142 ページ
A5判並製
装幀・造本 高橋潤子
カバー写真・イラスト 高橋潤子
--
●目次
「わたしの好きなまちΑ_炭監供彗臉ノ曳子
「タイロル教授の「自転車で行く韓国考古学の旅」〜栄山江流域、馬韓時代の遺跡を巡る
潭陽―光州―羅州―栄山浦」ヤコブ・タイロル/薫・タイロル 訳
「ソウル鞍山物語ぁ〇海僚賛佑燭繊廾謀貊膸
「座談会 韓国の発展と逆転するカルチャーショック――「在韓在日」の4 0年」
「からだに刻んだことば――わが家の識字教室の記」李 銀子
「ちゅうとも文学館 間島紀行◆弑 起林/斎藤真理子訳
「日本語人アッパの韓国スケッチΑヾ攅餘撚茣杞有◆廚罎Δ
「韓国タワー探究生活Α,海鵑覆離織錙爾犬磴覆い、でも愛さずにいられない―― 亀尾市・YES亀尾タワー」清水博之
「コプチャンチョンゴルの飲んだり、食べたり、歌ったりΑ.蹈奪・ミュージカル『ポクスンア物語』(後編)」佐藤行衛
「韓国美術行脚◆仝州、ビエンナーレ、1995年」らさおらさ
「私の韓国子育て記Αヾ攅颪任琉藥は大変か否か」韓 麻木
「韓国の美味しい知恵Α.汽魅襯螢狆劇場と奈良漬け」きむ・すひゃん

販売価格

1,100円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM