すべての、白いものたちの ハン・ガン ☆新本

Category : 文学 , 日本語訳と外国語の文学・文学論


☆この本は新本です☆

すべての、白いものたちの 
ハン・ガン 
斎藤真理子 訳
河出書房新社
2018年初版

うぶぎ、ゆき、つき、こめ、はくさい、ほね…。白い光と体温のある方へ。現代アジア最注目の作家が描く、破壊の記憶と、再生への祈り。ワルシャワと朝鮮半島をむすぶ、いのちの物語。


魂があるとしたら、目に見えないその動き方はきっとあの蝶に似ているだろうと彼女は思ってきた。
ならばこの都市の魂たちも、自分が銃殺された壁の前にときどき飛んできては、蝶のように音もなく羽ばたきながら、そこにとどまっているのだろうか?だが、この都市の人々がその壁の前にろうそくを灯し、花を手向けるのは、魂たちのためだけではないと彼女は知っている。彼らがそうするのは、殺戮されたことは恥ではないと信じているためだ。哀悼を可能な限り延長するためだ。
(本書より引用)


収録作品
私 5−49
彼女 53−149
すべての、白いものたちの 151−178

販売価格

2,200円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM