狼煙を見よ 東アジア反日武装戦線“狼"部隊 松下竜一

Category : 森崎和江・上野英信・渡辺京二・谷川雁・松下竜一・炭鉱・九州


狼煙を見よ 東アジア反日武装戦線“狼"部隊 
松下竜一
河出書房新社
1987年再版

帯つき。カバー背周辺に強いヤケあり。ページまわりにヤケ・ヨゴレあり。中古感ありますが、書き込み見当たらず通読に問題ありません。


はっきりいって軽い言葉でアチコチに書きすぎました。たのまれれば嫌といえない弱い性格の故なんですが、一切の言葉を慎むべきであったなと、いつも思います。何かを書けば書く程、オノレの真意と違っていくように思いますから。
(大道寺将司、本書より引用)

1974年、三菱重工ビルをはじめとした連続企業爆破事件が発生し、翌75年公安警察によって容疑者のうち9名が逮捕される。東アジア反日武装戦線を名乗る彼らは、なぜ過激な闘争に身を投じたのか……。
事件を巡る公安警察との駆け引きや逮捕前後の動き、そして収監後の内省の日々に寄り添うことで浮かび上がる彼らの素顔――最も苦しんでいる人々の側から思考すること、アジアの人々の側から思考すること、そしてその帰結として生まれた〈反日思想〉の核心。テロリストとして一面的に報道された大道寺将司と彼らグループの真実に迫る傑作ノンフィクション。

販売価格

1,200円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM