空白の絵本 語り部の少年たち 司修

Category : 原発・原爆・放射能


空白の絵本 語り部の少年たち 
司修
鳥影社
2020年初版1刷

付録冊子つき。付録の中古感強いです。読むことに問題ありません。
帯つき。カバー・本ともに状態良いです。書き込み見当たりません。



思い出すと苦しゅうなるけえ、思わず叩いてしまうんじゃ。手が痛いと、うずくのがなくなるんじゃけぇ。お客の花岡さんいう人がゆうちょったが、原爆から二年経っても、大雨が降りゃあ道がぬかるんで、死んだ人の骨がよけえ出てきてのー。駅前を歩きよる人たちも、家族を失のうた悲しみで、お面みたいにかたまっとったんじゃ。
(本書より引用)

広島への原爆投下による孤児、そして「幽霊戸籍」
約30年前「幽霊戸籍」をテーマに放映されたNHKドラマ《空白の絵本》を、本書では、ヒロシマに生きた少年少女たちの詩や言葉をそのまま引用し、平和への願いを小説として新たに描く。

販売価格

800円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM