闘争するフェミニズムへ 大越愛子

Category : 性・フェミニズム・家族


闘争するフェミニズムへ 
大越愛子
未来社
1996年1刷

カバー・本ともに状態良いです。書き込み見当たりません。


日本のフェミニズムの主要な課題として著者は性差別を生み出した日本の近代化の問題を取上げ、日本独特の差別システムがどう構造化されたかを解明。意欲的な日本文化解体論。

販売価格

4,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM