プロレタリアートの理論のために マルクス主義批判論集 ジョルジュ・ソレル

Category : アナキズム・社会運動・社会問題・戦争・公害


プロレタリアートの理論のために マルクス主義批判論集 
ジョルジュ・ソレル
上村忠男・竹下和亮・金山準 訳
未来社
2014年初版1刷

帯付き。小口に少しヨゴレあり。カバー・本ともに状態良いです。書き込み見当たりません。


『暴力論』の著者として知られる革命的サンディカリスト、ジョルジュ・ソレル(1847-1922)の著作群のうち、彼が革命的サンディカリズムに接近して以降の代表的論著3篇を訳出した、日本語版独自の論集。19世紀末~20世紀初め、フランスのサンディカリストたちが推進する総罷業をはじめとする実践活動に社会主義の新たな可能性を見いだしたソレルが、教条主義的なマルクス主義者たちと一線を画しながら、独自に理論を構築していった軌跡に迫る。
目次
労働組合の社会主義的将来(上村忠男訳)
“L'avenir socialiste des syndicats,” L'humanité nouvelle, II (1898).

マルクス主義の分解(竹下和亮訳)
La décomposition du marxisme (Paris, Marcel Rivière, 1908)

『プロレタリアートの理論のための素材』へのまえがき(金山準訳)
“Avant-propos,” in: Matériaux d'une théorie du prolétariat (Paris, Marcel Rivière, 1919)

〔解説〕ソレルとマルクス主義(上村忠男)

販売価格

1,800円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM