タワー ペ・ミョンフン 斎藤真理子 訳 ☆新本

Category : 韓国文学。在日コリアン文学。


☆この本は新本です☆

タワー 
ペ・ミョンフン 
斎藤真理子 訳 
河出書房新社
2022年初版


不可能に見える戦いを続けているこの惑星の多くの人類にとって、この本に収められた物語が慰めになることを願います。はい、知っています。その大勢の人々はこの本を買ってはくれはしないでしょう。でも、一人静かに叫んでみます。楽ではない戦いでしょうし、勝利の瞬間にこれらすべての試練が終わることはないでしょう。「けれども我々は最後には勝つことでしょう!」
(「新版あとがき」より)

674階建巨大タワー国家――。地上からの脅威が迫り、下層階を軍隊、上層階を富裕層が占める〈ビーンスターク〉の人々は、不完全で、優しい。

犬の俳優Pの謎、愛国の低所恐怖症、デモ隊vs.インド象、大陸間弾道ミサイル、テロリストの葛藤……
チョン・セラン、パク・チャヌク激賞!!
韓国SFの金字塔にして、笑いと涙の摩天楼エンタテインメントが、ついに日本上陸!

目次
東方の三博士 5−46
自然礼賛 47−83
タクラマカン配達事故 85−129
エレベーター機動演習 131−180
広場の阿弥陀仏 181−216
シャリーアにかなうもの 217−266
作家Kの「熊神の午後」より 268−281
カフェ・ビーンス・トーキング 282−292
内面表出演技にたけた俳優Pのいかれたインタビュー 293−301
『タワー』概念用語辞典
初版あとがき
新版あとがき
訳者あとがき


ペ・ミョンフン (ペ ミョンフン)
1978年生まれ。2005年に「スマートD」で科学技術創作文芸に当選し作家デビュー。10年に若い作家賞を受賞。12年に「サイエンスタイムズ」で「韓国SF作家ベスト10」に選出。著書に『タワー』ほか。

斎藤 真理子 (サイトウ マリコ)
翻訳家。訳書にチョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』パク・ソルメ『もう死んでいる十二人の女たちと』ハン・ガン『引き出しに夕方をしまっておいた』ほか

販売価格

2,420円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM