淵上毛錢詩集 増補新装版 ☆新本

Category : , 日本語の詩・詩論


☆この本は新本です☆

淵上毛錢詩集 増補新装版
前山光則 編
石風社
2015年1刷

『散策』

海は
はてしもなかった。

なんといふ名の
魚であるのか、

椿の花の咲いた
石崖の下に、

夕陽を浴び
眼をひらいたまま、

ちゃうど
僕のやうに死んでゐた。
(本書より)


「生きた 臥(ね)た 書いた」

水俣が生んだ夭折の詩人
伝説の海から鮮烈に甦る

二十歳で発病。病いの床に十五年。詩を見すえつつ、生の瑞々しさをうたう。

目次
風土と抒情(29篇)
雲よ、風よ(14篇)
スツケンギヨーできやー渡れ(8篇)
生と死の間(24篇)
 * * * * * *
生きた、臥た、書いた――極私的淵上毛錢論 前山光則
淵上毛錢略年譜
収録作品出典一覧
淵上毛錢参考文献目録 補訂版 鈴木一正
初版 編者あとがき
増補新装版 編者あとがき

販売価格

2,420円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM