まっくら 女坑夫からの聞き書き 森崎和江 ☆新本

Category : 森崎和江・上野英信・渡辺京二・谷川雁・松下竜一・炭鉱・九州


☆この本は新本です☆

まっくら 女坑夫からの聞き書き 
森崎和江
岩波文庫
2022年5刷

「女も男と同じごと仕事しよったですばい」「どんなことにでも堂々とむかってやる、こい」。筑豊の炭鉱で働いた女性たちの声を聞き取り、その生き様を記録した一九六一年のデビュー作。意志と誇りを失わず、真っ暗な地の底で過酷な採炭労働に従事した彼女たちの逞しさが、生き生きと描かれている。(解説=水溜真由美)

【目次】
はじめに

無音の洞
流浪する母系
棄郷
灯をもつ亡霊
のしかかる娘たち
セナの神さま
ヤマばばあ
赤不浄
共有
地表へ追われる
坑底の乳

あとがき

[付録] 聞き書きの記憶の中を流れるもの
解説……………水溜真由美
図版一覧


挿画・山本作兵衛

販売価格

814円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ツイッター(カライモJカライモN

フェイスブック

ブログ


買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM