森と棚田で考えた 水俣発@山里のエコロジー

Category : 水俣 , 水俣いろいろ


森と棚田で考えた 水俣発@山里のエコロジー
沢畑亨 
不知火書房
2005年初版

帯つき。良好です。書き込み見当たりません。



水俣は水俣病の舞台であり、海のイメージが強いと思いますが、実は日本でも有数の棚田があり、山もたくさんあるところなのです。(本書より引用)

これまで、愛林館でさまざまな活動をしましたが、その中で森
と棚田については文章を書く機会が多くありました。そういった著作をまとめた
ものです。中には古いモノも混じっていますが、内容的にはそれほど古びていな
いと思っています。特に5章は東京時代に書いたモノも含まれております。

著者について
沢畑 亨(さわはた とおる)
昭和36年生まれ。熊本県西合志町出身。東京大学農学系大学院(林学)修士課程
修了。
全国公募で選ばれ、平成6年より水俣市久木野の愛林館館長としてむらおこし
に取り組む。
他に、水俣市環境審議委員、熊本県地域づくりコーディネーター、熊本大学講
師、自由飲酒党総裁などを務める。

販売価格

700円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

自己紹介

SNSはこちら

カライモブックス

ブログ

フェイスブック

ツイッター(新入荷情報)

ツイッター(カライモJカライモNの日常のつぶやき)

買い物カゴ

買い物カゴを見る

検索

カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM